日本企業を応援する辛口ブログ

あくまでも独自の見解と偏見の意見ですが、日本企業を応援します

キュレーションプラットフォーム

キュレーションサイトが、話題になっていますね。
DeNA社が、キュレーションプラットフォームの会社2社を買収したそうです。2社合計で、50億円だそうです。驚きですね。

もっと驚いたのが、買収された「iemo」を運営する会社は2013年12月に設立された会社です。設立1年未満で、25億円??(単純に半分計算です。)

これは、うかうかしてられない。

ちょっと調べてみました。

「キュレーター」=「まとめ記事」を作る人。

インターネット上から情報を集め、ひとつに「まとめる」という編集作業をする人。
散乱するニュースや情報を分かりやすくまとめ、発信できる人。
「NAVERまとめ」もキュレーションプラットフォームといわれているそうです。

スマホ、すなわちPCが誰にでも簡単に操作でき、簡単にアクセス、発信できる時代になったから、広がったサービスなのかもしれません。

インターネットが普及し、情報過多になってしまった現在、必然的に時代に求められたサービスなのでしょうね。

では、次は何がくるのか?
考えてみよう。

でも、気になったので「キュレーションプラットフォーム」のサービスを探してみました。
そっか、「Smart News」「Gunosy」「Antenna」など、ニュースキュレーションサービスなのですね。

少し、遅れていた感がしました。これからは、トレンドを読み、意識して仕事に取り組まなければ、指示されるサービスは作れないですね。

これからスタートするサービス、これらを意識して取り組んでみたいと思いました。

img_2161.jpg