日本企業を応援する辛口ブログ

あくまでも独自の見解と偏見の意見ですが、日本企業を応援します

就活中の若者にも優秀な人はいる

ある日就職活動の説明会に参加する機会があって、転職フェアみたいなのに行った事がある。

そこでは就職活動で就職が決まらなかった若者が、転職サイト運営会社主催の転職フェアに来ていた。ここに来た人たちは、わざわざ転職フェアに来るくらいだから転職には興味があるって事で、就職はしたいんだろうけど、なかなかそれが表現しきれていない人も多かった。

例えば、ある女性は、面接で一言も話す事が出来なくて、転職サイト運営会社スタッフがしきりにフォローしていた。

あと来ている大半の学生は外国人留学生で、みんな日本語が流暢でまじめでビックリした。

そして自分が同席した会社はアプリを作っている会社だったんだけど、若い人にはアプリはなじみがあるからか、結構話自体はスムーズなんだけど、その後意外に食いつかないのにはびっくりした。

多分、就職するとか働くっていう事が、きちんとおぜん立てされている。
大企業には新卒って良いとは思うんだけど、多分そこのフェアに来ている会社は、どこも名前を聞いた事も無いベンチャー企業ばかりだったんで、

多分採用する側も即戦力を求めているだろうし、育てるような余裕も人員的な余裕もないだろうから、完全にミスマッチだと思った。

でもあーいう人たちは大企業には入れないから、どっかで人手不足な会社に入り込んで、そこで実力をつけていくしかないんじゃないかなーって思った。

                                                                          ww2.jpg