日本企業を応援する辛口ブログ

あくまでも独自の見解と偏見の意見ですが、日本企業を応援します

社長のあり方

昔ある会社があって、その会社は出資法違反や詐欺の疑いで社長が逮捕され後に破産した。

社長になる人は、自己顕示欲の強い人が多いのですが、やはり本気で社員のことを考えている社長もあると思います。
僕の知り合いのある会社の社長は勢いが凄く、自分は社員のために働くという考えの持ち主で、いつも感心させられます。しかし、その一方で、社長の経営方針によって、見るにはあんまりよくなさそうな会社も何社を知っています。やはり一見クリーンなイメージで打ち出している会社程、そのギャップによる失望感からか、企業のイメージが悪くなり、叩かれている率が高い気がします。

強面が悪でも誰も驚かないし、むしろ普通の事をしただけで凄く良い人に映る様に、良い人そうな人が、イメージより劣った一面を見せるだけで、それに対するマイナスイメージは計り知れなく、勝手にガッカリされたのに、被害に遭った的な状況になります。

結局企業のイメージとは、よくない会社の事を指す言葉ではなく、社長の人柄ややり方で見分けられることが多く、実はツッコミどころの多い会社という事なのかもしれません。

社長は会社の心臓、心臓がうまく働かなければ、やはり組織に色んな不調を出ると思います。僕は、ビーエスフジのドキュメンタリー番組をたまに見てます。企業を一生懸命を守る社長さんの姿が本当に感動されます。会社をよくするために、まず社長は自分の自身のあり方をよく念頭においた方がいいかもしれません。

日本の社長さんたち、頼みます。